縄手錠でプチ拘束プレイ

初めてでも安心感がある縄手錠によるプチ拘束プレイ

がっつりとした拘束プレイは、ベッド4点拘束カフスで‥のほうがより興奮できるのですが、初めてお会いする時にいきなりベッド4点拘束カフスでがっつり手足を拘束となると不安で集中できなかったり・・・。また興味はあるけどそういう不安を感じてなかなか勇気が出ない女性もいらっしゃいます。

そんな不安はあるけど初めてのことを経験してみたい女性はプチ拘束プレイとして、自分でも外そうと思えば外せてしまう縄手錠はいかがでしょうか?

縄手錠でプチ拘束プレイってどういうプレイ?

正常位(仰向け)の体勢で一番一般的な縛り方は両手を前にして縄手錠をかける方法です。ただこの方法での拘束はただただ両手を拘束しているだけになってしまいがちで楽しめる人は少ないと思います。

手枕縄手錠

手枕縄手錠

個人的に正常位(仰向け)の体勢で一番いい縄手錠をかける方法だと思っているのは縛った両手を首の後ろに回して腕の自由を奪う方法です。
この腕の位置(画像参照)だと腕を動かそうとしても縄手錠が首でロックされているので腕の自由がかなり制限されます。

このやり方は縄手錠だけで出来るのもとてもいいのです。

腕ピン縄手錠

腕ピン縄手錠

それ以外だと先述の縛り方のバリエーションになるのですが、縛った両腕を真っ直ぐに伸ばした腕ピン縄手錠姿にするのもとても羞恥的な縛り方になります。

この縛り方の難点は手が自由に動いてしまうことなのですが、頭側に縄を固定できそうなものがあれば(固定する治具を用意すれば)かなり羞恥的な姿になってしまいますのでとてもよいと思います。

羞恥的アプローチを意識することで快感が増加する。

この上記2つの縄手錠をかける方法は、二の腕の内側、脇の下、胸が顕になることによる羞恥的アプローチも楽しめるのですが、その羞恥的アプローチを試みた部分を女性がより意識しやすいため、感じやすい女性は普通にその場所を触るよりもっと感じやすくなる傾向があると思います。

正常位(仰向け)の体勢での縄手錠をかける方法はもう一つ、効果的で卑猥な方法がありますがそれはお会いしてからのお楽しみということにしておきましょうか(笑)

両手を後ろにして縄手錠をかける方法

後手縄手錠

両手を後ろにして縄手錠をかける方法はこれというくらいとてもいい方法があります。
まずは正座をしてもらった状態になってもらいます。次に後ろ手に縄手錠をかけたら女性の身体を前に倒します。すると女性は自然とお尻を突き出したとてもエッチな格好になってしまうので女性はかなりの羞恥心を掻き立てられる姿にさせられてしまいます。

※正常位(仰向け)の体勢で両手を後ろにして縄手錠をかける方法は女性の腕が痛くなってしまうのでやりません

拘束プレイは羞恥系M女性にはドンピシャ

このように僕は縄手錠を使った拘束プレイは羞恥系M女性にはドンピシャだと思っています。が、逆に羞恥系が苦手、嫌いな女性はもちろん恋人感覚で性愛的に楽しみたい女性はやってても楽しくないと思います。

どう楽しんだらいいかわからない女性は?

M気質のある想像性が豊かな女性はなにも考えなくても「縄手錠」をされるだけで自然に新しい刺激を興奮できる女性もいらっしゃいますが、たとえM気質の女性であっても初めての経験で、「縄手錠」をされてもどう楽しんだらいいかわからないという女性もいらっしゃいます。

そんな時は「手の自由を奪われて今から責められようとしている!一体これから何をされるの?」などとイメージをふくらませてみると興奮しやすくなることもありますので、されてみてもイマイチ興奮出来ない時は試しにイメージしてみてください。

目隠しとの組み合わせも抜群

縄手錠を使った拘束プレイは目隠しとの組み合わせも抜群なのでセットでやったほうが絶対楽しめると思います^^