ポリネシアンセックス

ポリネシアンセックスとは?

PolynesianSex1

ポリネシアンセックスとはポリネシア地方に伝わる伝統的なセックスの方法で、オーガズムよりも精神的な交わりを重視したセックスの方法です。

五木寛之著「サイレント・ラブ(2002/12/1)」や「愛に関する十二章(2002/12/16)」や、アメリカの宗教学者ジェイムズ・N・パウエル「エロスと精気(2003/2/1)」という著書で2002年末頃に有名になりました。

究極の焦らしプレイ

もう少しポリネシアン・セックスがどういうものか説明すると、ポリネシアンセックスとは「長い時間焦らすことで極限まで興奮状態を高め、溜め込んだ欲求を開放させる」ことによって、男性の場合だと通常は数秒しか持続しないオーガズムが長時間持続し、女性はオーガズムの快感の波が次々と押し寄せてくるのが続くセックスだと言われています。

PolynesianSex3

ポリネシアンセックスは通常の焦らしプレイとは違い、精神的な交わりを楽しみながらも、異常なまでに長い期間性感帯への刺激は極力避けることによる肉体的な欲求の焦らしというアプローチによって、通常の焦らしプレイには無いオーガズム(欲求の大開放)につながるのではないかと思います。

セッティングの条件が厳しすぎて身近に成功者がいない(笑)

PolynesianSex2

話を聞いているだけでもとても魅力的だと感じるポリネシアンセックスですが、僕の周りではポリネシアンセックスをやってみたという話もポリネシアンセックスで得られるオーガズムを体験できたという話を聞いたことがありません(笑)このような記事を書いている僕にしても経験はあるもののポリネシアンセックスで得られるオーガズムを体験出来たことはありません。

これは現代の社会人にとってポリネシアンセックスのセッティング条件があまりにも厳しすぎることが原因しています。

それではここから非常に難易度の高いポリネシアンセックスのセッション例を紹介していきます。

ポリネシアンセックスのやり方

ポリネシアンセックスには様々な方法がありますが、ここでは世間によく知られている方法を記しておきます。

セッティング

  • セックス前に食事を多くは摂らない。
  • セッションはゆっくり行為に集中できる日の午前中がよい。
  • 携帯電話機の電源を切るなど行為に集中できる環境を作る。
  • 5日間を1回のサイクルとする。
  • 性行為は最終日の1日だけとし、残りの4日は性器を刺激しない愛撫だけに留めて気分を高める。
  • 前戯のみの日はお互いの体の普段は触れないような様々な箇所を愛撫したりキスをしたりする。
  • タイムスケジュール

    1日目2日目3日目4日目5日目
    前戯のみ前戯のみ前戯のみ前戯のみ前戯&挿入

    最終日の性行為の流れ

  • 前戯に最低1時間かける
  • 陰茎を膣への挿入後、30分はピストン運動を行わず、抱擁や愛撫に留める。(ただし、男性に勃起力が無くなりそうなとき、女性に性感が無くなるときは動きが必要)
  • お互い性感が高まっているため激しい動きをしなくても快感と幸福感で満たされるので、ゆっくりしたピストン運動を行います。
  • オーガズムの快感の波が次々と押し寄せてくるのが続くらしい。
  • オーガズム後も、性器を結合させたまま抱き合う。
  • ポリネシアンセックスの体位例

  • 最適体位は、互いの骨盤をつけるものとなる。
  • 女性が仰向けになり男性は右をベッドにつけ半身を起こす。
  • 男性の左脚を女性の両脚の間に挟み女性の右足は男性の腰の左に乗せて互いの脚を絡ませる。
  • 興味がある方はぜひ挑戦してみてください。

    スローセックスの方が現実的

    アダムさんが提唱しているスローセックスは沢山の愛撫や焦らしをベースにしており、射精を目的とせず精神的な結びつきを重視するSEXで理念的にはほぼポリネシアンセックスと同じです。

    スローセックスは5日間かけるポリネシアンセックスとは異なり、愛撫の時間は1時間程度を目安とされているので1日で十分堪能することが出来るよう現代人に最適化されたポリネシアンセックスとも言えるでしょう。興味がある方はぜひスローセックスにも挑戦してみてください。